背景色

文字サイズ

サイト内検索

新型コロナウイルス感染症について

作成日:2022年06月09日
最終更新日:2022年06月09日

感染拡大防止に向けた、道民の皆様へのお願い 

感染の拡大を防いでいくため、引き続き3つの行動を実践しましょう。

①普段から

3密(密閉・密集・密接)の回避、人と人との距離の確保、マスク着用、手指消毒、換気を徹底しましょう。

・混雑している場所や感染リスクの高い場所はできる限り避けて行動しましょう。

・普段会わない方や重症化リスクの高い方と接する際は、基本的な感染防止対策を更に徹底しましょう。

・他の都府県への移動に際しては、基本的な感染防止対策を徹底し、移動先での感染リスクの高い行動は控えましょう。

②飲食では

短時間、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用しましょう。

・特に大人数や普段会わない方との飲食では、より一層徹底しましょう。

・北海道飲食店感染防止対策認証店等を利用し、飲食店等の感染防止対策に協力しましょう。

③感染に不安を感じる時は

ワクチン接種の有無にかかわらず、感染に不安を感じる無症状の方は検査を受けましょう。(無症状の方に限ります。)

 ➡PCR検査等無料化事業について

・発熱等の症状がある場合は、外出や移動を控え、医療機関を受診しましょう。

マスク着用について

マスク着用の考え方および就学前児の取り扱いについて、以下をご参考に対応をお願いいたします。

【その他の感染防止対策については、こちらをご覧ください。】

 みんなでやる。考える。つくる。新北海道スタイル(北海道ホームページ)

 感染拡大防止に向けた取り組み(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室)

 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)(厚生労働省ホームページ)

 北海道コロナ通知システム(北海道ホームページ)

ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について

 北海道では、保健所による濃厚接触者の調査の対象を原則、同居家族や医療機関、介護福祉施設等に重点化しています。このため、その他の対象者や職場においては、自宅待機(外出自粛)とご自身による健康状態の確認等をお願いしています。

 対応の手順や留意事項等について事前に確認し、もしもの時に備えていただくとともに、ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときは、それらに沿った対応をお願いします。

 詳しくは、こちらをご覧ください(北海道ホームページ)。

  陽性となった皆様にお願いしたいこと~陽性となった方の対応と流れ~

  「知人が感染」その時どうする?~新型コロナウイルス感染症への備え~

  個人や家庭でできる自主的な対策

  職場でできる自主的な対策

 

不安や心身の不調は、一人で抱え込まないで

新型コロナウイルスに関する情報に多く触れていると、不安になりやすく、その不安が強まったり続いたりすることで、様々な心身の不調が現れることがあります。
その時は、自分だけで解決しようとせずに、まずは誰かに相談しましょう
話すことで、気持ちの整理ができたり、落ち着けたり、楽になれたりするものです。

【相談できるところ】
 ・総合福祉センター「ハピネス」4-3356(IPも同番号)

 ・名寄保健所 01654-3-3121

 ・まもろうよ こころ(厚生労働省 特設サイト)

 

電話やオンラインによる診療が可能です

新型コロナウイルス感染の懸念から、お手持ちの電話やスマートフォンで医療機関に相談や受診をすることができます。

詳しくはこちらをご参照ください。

 オンライン診療について(厚生労働省ホームページ)

 

発熱などの体調不良がみられた場合

発熱やのどの痛み等の風邪のような症状がある場合、感染の可能性があることを想定して、感染予防対策をしましょう。

〇自宅で休み、外出を控えてください。仕事や学校は休みましょう。

〇医療機関を受診しましょう。

医療機関を受診するときは…

〇かかりつけ医や町立下川病院へ電話で相談しましょう。※事前連絡なく直接受診することは控えてください。

〇相談先に迷う場合は、「北海道新型コロナウイルス感染症 健康センター」へ相談しましょう。

「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」

 0120-501-507(フリーダイヤル・24時間対応)

感染症についての一般的な相談(症状や治療に関する疑問・不安など)もできます。

 

相談のうえ受診する際は、必ず指示に従って受診しましょう。

※症状には個人差があるので、心配な場合は相談しましょう。

※お子様をお持ちの方~小児については、小児科医による診察が望ましいため、かかりつけ小児科医にご相談ください。かかりつけ医が決まっていない・わからない場合は、健康相談センターへご相談ください。

〇聴覚に障がいのある方など向け専用連絡先(北海道)

FAX:011-206-0732

E-mail:covid.chiikishien@pref.hokkaido.lg.jp

 

新型コロナウイルス感染症について

感染者の口や鼻から、咳、くしゃみ、会話等のときに排出される、ウイルスを含む飛沫又はエアロゾルと呼ばれる更に小さな水分を含んだ状態の粒子を吸入するか、感染者の目や鼻、口に直接的に接触することにより感染します。一般的には1メートル以内の近接した環境において感染しますが、エアロゾルは1メートルを超えて空気中にとどまりうることから、長時間滞在しがちな、換気が不十分であったり、混雑した室内では、感染が拡大するリスクがあることが知られています。
 また、ウイルスが付いたものに触った後、手を洗わずに、目や鼻、口を触ることにより感染することもあります。WHOは、新型コロナウイルスは、プラスチックの表面では最大72時間、ボール紙では最大24時間生存するなどとしています。(厚生労働省ホームページQ&Aより)

 

新型コロナウイルス感染症について(新型コロナウイルスや変異株の特徴について、感染症の予防法、妊婦や小児に関すること、政府の方針等)詳しく知りたい方は以下のリンクでご確認ください。

●新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)(厚生労働省ホームページ

 

【感染を防ぐためには】

基本的な感染防止対策を着実にとることで、感染リスクが下がります

 3密(密閉・密集・密接)の回避・人と人との距離の確保・マスク着用・手指消毒・換気

 

手洗いの方法(PDF)

咳エチケットの方法  (PDF)

 

新型コロナウイルス感染症について、もっと知りたいと思ったら

厚生労働省や北海道のホームページでは、最新の情報が発信されています。以下リンクをご参照ください。

●新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ

●新型コロナウイルス感染症対策(新型コロナウイルス等感染症対策推進室(内閣官房))

●北海道新型コロナウイルス感染症について(北海道ホームページ)

このページの作成者・お問い合わせ先

保健福祉課 保健・介護グループ 保健指導担当
電話:01655-4-3356 01655-4-2511

このページの先頭に戻る