トップ > くらしの情報 > 手続き・相談 > 届出・証明 > 窓口での本人確認

窓口での本人確認

証明書の交付、戸籍届出や住所変更届などの際には、本人確認を行いますので、必ず免許証などの身分証明書をお持ちください。 

本人確認に必要なもの

1点でよいもの

 免許証・パスポート・住民基本台帳カードなど官公庁発行の顔写真付きのもの

2点必要なもの

  1. 健康保険証、年金手帳など官公庁発行の顔写真のないもの
  2. 学生証、社員証など官公庁以外で発行している顔写真付きのもの
    (注)戸籍に関する証明を請求する場合は(2)の2点の組み合わせは不可
    (注)証明する書類をお持ちでない方には、聞き取りなどによる確認等をさせていただくことがあります。

交付請求できる方

  • 本人または同じ住民票に記載されている方(親子でも同じ世帯でなければ委任状が必要です)
  • 戸籍に記載されている方、またはその配偶者、子、孫、父母、祖父母などの直系にあたる方

本人以外の請求

次のうち、どれかに該当していなければ交付することはできません。

  1. 該当する方からの委任状がある
  2. 国や地方公共団体に提出する必要がある
  3. 自己の権利を行使し、または自己の義務を履行する
  4. 住民票や戸籍の記載事項を利用する正当な理由がある
  5. 弁護士などの職務上請求
  6. 官公庁職員の公用請求

お問い合わせ先

税務住民課 住民生活グループ 戸籍・年金担当
電話:01655-4-2511(内線116・117)