トップ > 各課のページ > 総務課 > 屋根の雪下ろしなどによる事故防止について

屋根の雪下ろしなどによる事故防止について

 最近、除雪中における事故が多発しています。雪による死者の多くは高齢者の事故、一人での作業中の事故が多くなっています。
 こうした事故を防止するため、次の点に注意しましょう。

雪下ろしをする前に

 強風や大雪などの悪天候時には作業を控えましょう。 ・暖かい日の作業は屋根が滑りやすく危険です。午後の作業は特に注意しましょう。

安全な服装で行いましょう。 

 命綱の使用や保護帽(ヘルメットなど)の着用、滑りにくい靴を着用し、動きやすい服装で行いましょう。

はしごをしっかりと固定しましょう。

 はしごの転倒を防ぐため、はしごの足元はしっかり固定するとともに頭部も安定させ、屋根に対し真っ直ぐに決められた角度でかけましょう。
 また、除雪道具は持って上らず、ロープで引っ張り上げるなど安全な方法を心掛けましょう。

雪下ろしは、複数人で行いましょう。

 体力に自身があるからと作業は一人で行わず、事故に備えて二人以上で行い、作業中は声を掛け合うなどお互いに見守るようにしましょう。
 やむを得ず一人で作業するときは、家族や隣近所に声をかけ、時々様子を見てもらいましょう。

無理な作業はやめましょう。 

 雪下ろしは重労働です。準備運動、十分な休憩や水分をとるなどし、体調の悪いときは無理をせず止めましょう。 

 

軒下の通行について

 気温が上昇した日の軒下は非常に危険ですので、なるべく歩かないようにしましょう。

 

※除雪機を使用して除排雪する時の注意

 機械に巻き込まれやすい服装での作業は止めましょう。ローター部分に詰まった雪は、エンジンを止めてから取り除きましょう。
 また、周囲の人に注意しながら作業しましょう。

  よくある除雪作業中の事故とその対策~安全な除雪作業をするためのチェックリスト(国土交通省作成)PDFファイル(524KB)

お問い合わせ先

総務課 企画財政グループ 企画担当
電話:01655-4-2511(内線224・225)

お知らせ