トップ > 各課のページ > 森林商工振興課 > トヨタ自動車「Gazooの森」下川ムラでの植樹活動

トヨタ自動車「Gazooの森」下川ムラでの植樹活動

 下川町では、トヨタ自動車㈱が運営する「Gazoo mura(ガズームラ)」での植樹活動(Gazooの森プロジェクト)を実施しています。
 Gazooの森プロジェクトは、トヨタ自動車㈱のハイブリッドカーに設定された、エコドライブサポートシステム「ESPO」と連携し、「ESPO」利用オーナーがクルマを運転する際、エコに配慮した低燃費運転を行なうと蓄積されるポイントをGazooの森での植樹活動に還元されるものです。
 Gazooの森下川ムラでは、町内の五味温泉の奥約2キロの町有林内に設置しており、トドマツ、カラマツ合わせて約1ヘクタールの植樹を行っております。

123

下川町の森林づくり

 町の面積の約9割を森林が占める下川町は、豊かな森林資源に恵まれ、古くから森林とともに歩んできました。
 こうした中、町は昭和28年に国有林から1,221haを取得、以後機会あるごとに国有林の払い下げなどを受けながら、毎年50haの植林と伐採を60年のサイクルで繰り返し、雇用の場の確保と林産物の供給を継続させる持続可能な循環型の森林経営を構築しています。
 更に森林管理の世界的な証であるFSC森林認証を平成15年に北海道ではじめて取得するなど、森林が持つ多面的機能である木材の生産、二酸化炭素の吸収、生物多様性の保全などを継続的に発揮し、経済、社会そして環境との調和を図りながら、山村地域の役割を果たしております。
 

「Gazooの森」の協賛金をいただきました

 平成29年4月14日、トヨタ自動車株式会社より「Gazooの森(ガズーのもり)」の森林づくりのために648,000円の協賛金を頂きました。(協賛金累計11,440,744円)
 この協賛金は、同社のハイブリットカーのオーナーがエコ運転したことをポイント化して植樹活動に還元する取組です。
 「Gazooの森」は、全国で下川町のみで、五味温泉の奥約2kmの町有林内に設置しており、トドマツ、カラマツ合わせて約2ヘクタールの植樹を行っています。
 

関連リンク

お問い合わせ先

森林総合産業推進課 森林総合産業推進グループ
電話:01655-4-2511(内線243・244)

お知らせ