トップ > 各課のページ > 町立下川病院 > 「看護の日」に下川幼児センターの皆さんが絵を描いてくれました!

「看護の日」に下川幼児センターの皆さんが絵を描いてくれました!

5月12日は看護の日。そして、12日を含む週の日曜日から土曜日までが「看護週間」です。

メインテーマ:「看護の心をみんなの心に」

21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要です。こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう、旧厚生省により、「看護の日」が1990年に制定されました。

看護の日のイベントとして、幼児センターの皆さんが看護師さんの絵を描いてくれました。

下川幼児センター「こどものもり」の年長児くるみ組の皆さんが、「看護師さん」と題して絵を描いてくれました。

絵を手渡して頂いた当日、看護師長から「お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんに、痛いとこない?と聞いたり、痛いところをさすったりすることも看護の一つ。皆さんも立派に看護ができますよ。」と看護についてのお話がありました。

師長が「将来看護師さんになりたい人はいますか?」と訪ねると、園児の皆さんが「はーい」と手をあげ、明るい未来を感じました。

師長からのお話絵を渡す園児

絵を渡す園児絵を渡す園児

町立下川病院の待合いホールに展示していますので、皆さん見に来てください。

作品

皆さんの力作を紹介します。

皆さんの力作

皆さんの作品

皆さんの作品

お問い合わせ先

町立下川病院 庶務・医事グループ
電話:01655-4-2039

お知らせ