背景色

文字サイズ

サイト内検索

10/4~5 「北海道下川町SDGsスタディツアー」を開催します!(主催:下川町、企画協力:日経ESG経営フォーラム)

作成日:2024年07月04日
最終更新日:2024年07月04日

 下川町と日経ESG経営フォーラムは、10月4日(金)~5日(土)に、「 北海道下川町SDGsスタディツアー」を開催します。
 今回は三菱UFJリサーチ&コンサルティング フェロー(サステナビリティ)の吉高 まり氏を講師にお迎えし、「カーボンニュートラル時代の企業・地域のあり方~下川町から未来を変える」と題し、ご講演いただくとともに、町内の木質バイオマス熱供給施設や、森林施業現場などを視察しながら下川町の持続可能な取り組みについて紹介します。

 

 

下川町の概要

 下川町は、北海道の北部にある人口約2,900人の小さな町ですが、町面積の約9割を森林が占め、木質バイオマスを活用した地域おこしを先進的に進めてきました。2018年にSDGs未来都市にも指定され、経済、社会、環境の3つの側面から価値創造、統合的解決による「持続可能な地域社会の実現」を進めています。また、令和4年3月には2050年にCO2排出実質ゼロのまちを目指し、「ゼロカーボンシティしもかわ」を宣言しました。
 現在は町民が主体となって「2030年における下川町のありたい姿(下川版SDGs)」を策定するなど各施策や事業を実施しています。

チラシ・参加申込書

チラシはこちら    北海道下川町SDGsスタディツアーチラシ  

参加申込書はこちら    参加申込書    (締切:令和6年8月30日(金))

このページの作成者・お問い合わせ先

総務企画課
電話:01655-4-2511

このページの先頭に戻る