背景色

文字サイズ

サイト内検索

トマトジュース工場の運営を担う地域おこし協力隊を募集します

作成日:2023年07月04日
最終更新日:2024年01月25日

40年続く特産品、トマトジュース「ふるさとの元気」の製造現場を担う「工場長」的人材募集!

下川町役場産業振興課では地域おこし協力隊を募集しています。令和6年4月から下川事業協同組合が運営予定の下川町農産物加工研究所であなたの力を発揮してみませんか?

下川町は地域おこし協力隊として委嘱し、下川事業協同組合が運営予定の農産物加工研究所においてトマトジュース製造等の幅広い業務を行い、運営に必要な知識やノウハウを身に着けていただきます。将来的には運営全般の責任者としての活動を予定しています。

☆北海道・下川町

 下川町は北海道の北部に位置する、人口3,000人弱の小さな町です。夏は最高気温30度以上に、冬は最低気温が-30度以下になることもある、寒暖差の大きな気候です。朝晩の寒暖差も大きく、夏でも最低気温がひとけたになることもあります。トマト栽培にはその寒暖差を利用しており、朝晩が冷え込むとトマトがうまみ成分を外に逃がさないよう内側にたっぷり蓄えることができるので、よりおいしくトマトが育ちます。下川町農産物加工研究所では、そのおいしく育ったトマトを加工して主にトマトジュースを製造し、北海道はもとより、九州・沖縄までお客様へ製品を出荷しています。

☆活動内容 

下川町の誇る特産品「トマトジュースふるさとの元気」は製造から40年経つロングセラー商品で知る人ぞ知る逸品です。 

下川町内の生産者が丹精込めて育てたトマト(年間約100トン)を加工し、町の特産品であるトマトジュースの製造・販売をします。まず製造方法を習得していただき、現場の最前線を担う責任者としてトマトジュース製造現場を運営していただく役割を担っていただきます。(主に製造現場監理、トマト生産者対応、生産計画の策定など)

 製造以外にも商談会や販売会への出展など販路拡大のための活動も行います。

【年間スケジュール】

1月~3月:商談会等出展など

4月~6月:生産資材調達、製造現場人員確保などトマトジュース生産に向けた調整

7月~10月:トマトジュース製造(トマトが旬の時期に1年分の在庫を作る「シーズンパック製造」)

11月~12月:商談会等出展・トマト生産者と次年度に向けた打ち合わせ等

業務は多岐にわたります。その分やりがいがあり、思うように采配を振るえるといっても良いかもしれません。下川町のトマトジュースの未来を託せる方を募集します

☆応募資格

  1. おおむね20歳以上から50歳以下の方
  2. 現在、三大都市圏をはじめとする都市地域等に在住しており、採用後、下川町内に生活拠点を移し、住民票を移動できる方

  3. 地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格条項に該当しない方

  4. 心身ともに健康で食品製造に誠実に取り組む意思をお持ちの方

  5. 活動期間満了後も下川町で定住する意欲を持っている方

  6. 普通自動車免許取得済みで日常の運転に支障のない方(AT限定も可)

  7. パソコン(エクセル・ワード)の一般的な操作ができる方

  8. 人とのコミュニケーションを図るのが苦ではない方

  9. トマトジュースが好きな方

※三大都市圏をはじめとする都市地域等とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、 京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、並びに、札幌市、仙台市、新潟市、静岡市、浜松市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市のうち、過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法及び小笠原諸島振興開発特別措置法に指定された地域外の地域をいいます。

☆雇用条件 (地域おこし協力隊として町が委嘱、下川事業協同組合が雇用

〇雇用形態:地域おこし協力隊として町長が委嘱し、業務委託受託者となる予定の

      下川事業協同組合と雇用契約を締結し、町の特産品であるトマトジュ

      ースの製造業務全般を行います。

〇就業時間:

  通常期:(4月~6月、11月~3月)

      週5日勤務8時30分から17時15分(週38時間45分) 

      ※12時~13時は昼休憩 (週休2日制、月22日前後)

  繁忙期:(7月~10月)

      7時ころから18時ころまで勤務、

      ※昼休憩あり、製造状況や原料受け入れ状況により

       土日祝日勤務の可能性あり

 

〇雇用期間:初年度は勤務開始日から令和7年3月31日まで。(最大3年間)

      (下川事業協同組合にて採用予定)

〇報  酬:月額200,000円~(手当:通勤手当、時間外勤務手当等)

      ※経験により考慮、なお、賞与はありません

〇福利厚生:雇用保険、健康保険、厚生年金、労災保険

〇休  暇:6か月継続勤務した場合、年次有給休暇10日、特別休暇等

〇そ の 他 :下川事業協同組合の就業規則に準じます。

      業務に必要な資格取得に向けた研修参加費用や旅費の支給などがあり

      ます。

※お住まいになる住宅についてもご相談に応じます。

 

☆応募方法

  1. 書類選考
  2. 第二次選考(オンライン面談予定)
  3. 最終選考

※第二次選考を通過された方を対象に面接試験を実施いたします。日時などは第二次選考結果と合わせてお知らせいたします。また選考日程についてはご相談に応じます。

※最終選考のため必要な交通費は下川町が負担いたします。

<提出書類>

・履歴書(市販のもので可)

・下川町「地域おこし協力隊」応募書類(下記リンクより入手をお願いします)

     下川町農産加工支援員応募書類.pdfをダウンロード   

※応募にかかる郵送費用は応募された方の負担となりますのでご了承ください。

※選考の経過および結果についての問い合わせには応じられませんのでご了承ください。

提出先・お問い合わせ先

〇仕事内容や業務について 

下川町役場産業振興課(農産物加工研究所)担当:高野(たかの)

 〒098-1212 北海道上川郡下川町北町9番地 電話:01655-4-2395(直通)

(メールアドレス)kakoujyo@bz04.plala.or.jp

〇応募書類提出先

下川町農産物加工研究所 高野 宛

〒098-1212 北海道上川郡下川町北町9番地 

メールアドレス kakoujyo@bz04.plala.or.jp

※ご応募をお待ちしております。

濃くて甘くておいしいトマトジュースです

このページの作成者・お問い合わせ先

産業振興課
電話:01655-4-2511

このページの先頭に戻る