背景色

文字サイズ

サイト内検索

ようこそ!下川町ふるさと交流館へ

作成日:2021年04月14日
最終更新日:2021年04月14日

 ふるさと交流館は、平成3年(1991)7月にオープンした郷土資料館です。建物内には、下川町の開拓からの各種道具、アイヌ民族資料、考古学資料、植物化石、下川の岩石、動植物標本などが展示してあります。

 この建物は、釧路市出身の建築家『毛綱毅曠』さんの監修による建物です。

これより、館内について、写真で説明します。実際に見学されたい方は、ぜひ、ご連絡をください。

①外観

 手前の展望台は、下川町に昔、銅山(下川銅山)があって、その鉱石が精錬されていくイメージをデザインしています。また手前の飛行機の翼のようなものは、雲を表しています。

②展望台内部 

③展示ロビー

 ここでは、下川町内の地質資料、植物化石、動植物の資料が展示してあります。特に植物化石を産出する地層は地球のダイナミックな活動でできています。

④スポーツ展示コーナー

 ここでは、昔から盛ん行われていた「スキージャンプの用具が展示してあります。オリンピックなど国際大会で優勝した下川町出身選手の資料は、下川町公民館で展示してあります。

⑤考古学展示コーナー

 下川町の遺跡の特徴は、旧石器時代の遺跡が多く見つかります。町内で産出するメノウ質の岩石を利用して、沢山の石器が作られました。

⑥開拓からの生活・産業道具コーナー

 下川の主な産業には、開拓からの農業、豊富な森林資源をもとにした林業・林産業、地質の特徴から、町内に金山(サンル金山)・銅山(下川銅山)がありました。

⑦体験コーナー

 実際に古い道具が使えるようにしています。手動計算機、計量道具、オルガン、衣類などを用意していますので、ぜひ体験してみませんか?

このページの作成者・お問い合わせ先

教育委員会
電話:01655-4-2511

このページの先頭に戻る