背景色

文字サイズ

サイト内検索

新型コロナウイルス感染症について

作成日:2020年12月29日
最終更新日:2021年01月15日

新型コロナウイルス感染症の拡大を早期に抑える「集中対策期間」中です

引き続き、対策の実施にご協力をお願いいたします。

 

「集中対策期間」 令和3年1月15日(金)まで

 

 ◆緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来を控える

 ◆感染リスクを回避できない場合 

  ・札幌市との不要不急の往来を控える

  ・旭川市内における不要不急の外出を控える

  ・都府県において行動制限がされている地域との不要不急の往来を控える

 ◆感染リスクを回避する行動の徹底

  ・自宅を含む飲食の場面においては、5人以上や2時間を超える長時間の飲食を控える

   (同居者のみの場合を除く)

  ・「新北海道スタイル」の実践をしていない店舗や施設の利用を控える

  ・重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患を有する方等)と接する方および重症化リスクの

   高い方においては、マスクの着用、手洗いなど感染リスクを回避する行動の更なる徹底

  ・発熱や咳があるなど、体調が悪い場合に外出を控える

  ・国の接触確認アプリ(COCOA)や道のコロナ通知システムの更なる利用

 

【事業者のみなさまへの要請】

 ◆業種別ガイドラインや新北海道スタイルなど、店舗における感染拡大防止対策の再確認と徹底

 ◆年末年始における挨拶回りを控える

 ◆休憩場所や食事場所など、職場での感染リスクが高い場所の再点検

 ◆テレワークの推進や時差出勤などのより一層の徹底

 

【年末年始の受診について】

対策内容について、詳しくはこちらをご覧ください

 上川管内にお住まいの皆様へ(上川総合振興局ホームページ)

 集中対策期間(北海道ホームページ)

 新北海道スタイルについて(北海道ホームページ)

 

 

 手洗いの方法 (PDF)

 咳エチケットの方法  (PDF)

 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)(厚生労働省ホームページ)

 北海道コロナ通知システム(北海道ホームページ)

 

北海道の発生状況

◆北海道内の発生状況

 道内の発生状況(北海道ホームページ)

 道内の最新感染動向(北海道新型コロナウイルスまとめサイト)

 

不安や心身の不調は、一人で抱え込まないで

新型コロナウイルスに関する情報に多く触れていると、不安になりやすく、その不安が強まったり続いたりすることで、様々な心身の不調が現れることがあります。
その時は、自分だけで解決しようとせずに、まずは誰かに相談しましょう
話すことで、気持ちの整理ができたり、落ち着けたり、楽になれたりするものです。

【相談できるところ】
 ・総合福祉センター「ハピネス」4-3356(IPも同番号)

 ・名寄保健所 01654-3-3121

 ・まもろうよ こころ(厚生労働省 特設サイト)

 

電話やオンラインによる診療が可能です

新型コロナウイルス感染の懸念から、お手持ちの電話やスマートフォンで医療機関に相談や受診をすることができます。

詳しくはこちらをご参照ください。

 オンライン診療について(厚生労働省ホームページ)

 

新型コロナウイルス感染症について

一般的には、①飛まつ感染 ②接触感染 により感染します。

【新型コロナウイルス感染症の特徴】

◆感染者の8割は人へ感染させていない

 → 発症前2日の方や無症状の方から感染する可能性があります。

◆かかっても、8割は軽症で経過

 →高齢者や基礎疾患(心血管疾患、糖尿病、呼吸器疾患等)を有する方の重症化リスクが高い

◆若年層は無症状や軽症が多く、重症化割合が低い

 →感染に気づいていない若者から高齢者等への感染が広がるリスクがある

◆日常生活のどこにでも、ウイルスは確実に存在し、警戒を緩めた途端に感染が拡大する恐れがある

◆人の移動に伴って感染が拡大し、どこでも感染が起こりうる可能性がある

 

【感染を防ぐためには】

◆基本的な感染防止対策を着実にとることで、感染リスクが下がります

 マスクの着用 3密の回避 手洗いの徹底

 

発熱などの風邪症状がみられた場合

〇自宅で休み、外出を控えてください。仕事や学校は休みましょう。

〇毎日、体温測定や症状の記録をしておきましょう。

〇マスクを着用し、咳エチケットを徹底しましょう。

発熱などの風邪症状で病院を受診する時は、必ず事前に電話をし、症状を伝えてから受診しましょう。

 相談のうえ受診する際は、必ず指示に従って受診しましょう。

 

「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」へご相談ください

発熱等の疑わしい症状がある場合の相談や、感染症についての一般的な相談(症状や治療に関する疑問・不安など)ができます。

「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」

 0800-222-0018(無料、24時間対応)

少なくとも、次に該当する場合はご相談ください

※お子様をお持ちの方~小児については、小児科医による診察が望ましいため、かかりつけ小児科医にご相談ください。かかりつけ医が決まっていない・わからない場合は、健康相談センターへご相談ください。

 

新型コロナウイルス感染症について、もっと知りたいと思ったら

厚生労働省や北海道のホームページでは、最新の情報が発信されています。以下リンクをご参照ください。

●新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ

●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(北海道ホームページ)

このページの作成者・お問い合わせ先

保健福祉課 保健・介護グループ 保健指導担当
電話:01655-4-3356 01655-4-2511(内線:615・616)

このページの先頭に戻る