トップ > くらしの情報 > 手続き・相談 > 税金 > 地方税共通納税システムについて

地方税共通納税システムについて

地方税共通納税システムがスタートします

令和元年10月より地方税共通納税システムによる納税が行えるようになります

地方税共通納税システムとは

  • 地方税共通納税システムとは、地方税の納税をインターネットを通じて行うことができるシステムで、地方税共同機構が運営する地方税ポータルシステム(eLTAX)を利用した手続きです。
  • 地方公共団体や金融機関の窓口に出向くことなく、一度の手続きで複数の地方公共団体へ税の納付を行うことができるようになります。
  • 手数料はかかりません。

納税できる税金の種類

  • 法人都道府県民税
  • 法人事業税(特別法人事業税、地方法人特別税を含む)
  • 法人市町村民税
  • 事業所税
  • 個人住民税(特別徴収分、退職所得分)

利用開始日

令和元年10月1日からご利用いただけます。

利用方法等

ご利用いただくためには、事前の手続きが必要になります。利用方法も含めた詳細につきましては、こちら(地方税共通納税システムの特設ページ)をご覧いただくか、eLTAXのヘルプデスク(こちらをクリック)へお問い合わせください。

領収書、納税証明書について

地方税共通納税システムにより町税を納付された場合、領収書は発行されません。

また、納税証明書については、納付手続き完了日の2営業日後から発行可能となりますのでご注意ください。

(例)令和元年10月1日(火)に納付手続き完了→令和元年10月3日(木)より納税証明書発行可能                                                                                                   

お問い合わせ先

税務住民課 税務・収納グループ 税務・収納担当
電話:01655-4-2511(内線113・114・115)