トップ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 保健・福祉・子育て > 特別児童扶養手当について

特別児童扶養手当について

特別児童扶養手当は、20歳未満で身体や精神に障害のある児童の父か母、または父母に代わって児童を養育している方に支給されます。ただし、児童が障害を支給事由とする公的年金を受給できる場合や児童福祉施設に入所している場合は支給されません。また、所得制限などの条件があります。

支給月額

 ・重度障害児の場合(1級) 51,500円

 ・中度障害児の場合(2級) 34,300円

 

支給月

 手当は、請求をした月の翌月から支給されます。

 ・12月分~  3月分 →  4月11日

 ・  4月分~  7月分 →  8月11日

 ・ 8月分~11月分 → 11月11日

  ※11日が土、日、祝日の場合は前日の金融機関営業日に振り込まれます。

 

所得制限限度額

 受給者自身または配偶者および扶養義務者の前年の所得(1月~6月に申請の場合は前々年)が次の限度額以上の場合は、その都度(8月~7月まで)は手当の全部が支給されなくなります。

 受給者本人

扶養義務者の数 所得制限限度額
0人 4,596,000円未満
1人 4,976,000円未満
2人以上の場合 1人増えるごとに 380,000円加算

配偶者または扶養義務者

扶養義務者の数 所得制限限度額
0人 6,287,000円未満
1人 6,536,000円未満
2人以上場合 1人増えるごとに 213,000円加算

 

認定請求に必要な書類

 ・父母または養育者及び児童の記載されている戸籍謄本

 ・世帯全員の住民票の写し

 ・診断書(指定の用紙)

 ・預金通帳

 ・印鑑

 ・個人番号カード(マイナンバーカード)

 ※身体障害者手帳または療育手帳の交付を受けている方は、手帳も提示してください。                               

お問い合わせ先

保健福祉課 福祉・子育て支援グループ
IP電話:4-251104  電話:4-2511(内124・125)