トップ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 国民健康保険・医療 > ひとり親家庭等医療費助成制度(概要)について

ひとり親家庭等医療費助成制度(概要)について

親子のイラスト

下川町では、ひとり親(母子・父子)家庭等の方の保健の向上と福祉の増進を図ることを目的として、ひとり親家庭等の医療費の助成を行っています。

助成の対象者

  • 親:18歳未満(18歳に達した日の属する年度の末日まで)の児童を扶養若しくは監護しているひとり親家庭等の母又は父。ただし、入院・指定訪問看護による医療に限られます。
    子: 上記の母又は父に、扶養若しくは監護される18歳未満(18歳に達した日の属する年度の末日まで)の児童。
  • 親:18歳以上20歳まで(18歳に達した日の属する年度の末日の翌日から20歳に達した日の属する月の末日まで)の児童を扶養しているひとり親家庭等の母又は父。ただし、入院・指定訪問看護による医療に限られます。
    子: 上記の母又は父に、扶養される18歳以上20歳まで(18歳に達した日の属する年度の末日の翌日から20歳に達した日の属する月の末日まで)の児童。

(注) 主たる生計維持者の所得が、所得限度額以上の場合は対象になりません。

詳細

扶養親族等の数

所得限度額

0人 2,360,000円
1人 2,740,000円
2人 3,120,000円
3人 3,500,000円
4人 3,880,000円
5人 4,260,000円

(注)所得から控除できるものもありますので、まずはお問い合わせください。

助成の対象医療

  • 医療保険が適用される、疾病や負傷の際の通院・入院(医科、歯科、調剤、柔道整復)、指定訪問看護による医療が対象になります。また、医師の診断により補装具等を製作した費用も対象です。
  • 医療保険が適用されない医療(診断書料、差額ベッド代、薬の容器代、検診代など)、入院時食事療養費は、対象外です。

助成の範囲

  • 医療保険の自己負担額
  • 小学校就学前:医療費の2割
  • 小学生以上:医療費の3割

から、次のものを差し引いた額を、助成対象者へ助成します。ただし、中学生まで(満15歳に達する日以後の最初の3月31日まで)の乳幼児等については、『一部負担金』及および『基本利用料』は助成対象者の負担とせず、差し引かず助成します。

  • 『一部負担金』・・・助成対象者の負担(中学生までは負担なし)
  • 3歳未満(満3歳に達する日の属する月の末日まで)および市町村民税非課税世帯の方
    →初診時一部負担金を負担。
    初診1件につき、医科:580円、歯科:510円、柔道整復:270円
  • 3歳以上で市町村民税課税世帯の方
    →医療費の1割を負担。
    月額上限 通院:12,000円、入院(通院と合わせて):44,400円
  • 『基本利用料』・・・助成対象者の負担(中学生までは負担なし)
    →指定訪問看護による医療費の1割を負担。
  • 『入院時の食事療養標準負担額』・・・助成対象者の負担
    →医療保険で定められた負担額を負担。
  • 『入院時の生活療養標準負担額』・・・助成対象者の負担
    →医療保険で定められた負担額を負担。
  • 『附加給付』・・・医療保険による給付
    →医療保険で附加給付される額。

助成の方法

  • この助成を受けるには、助成の対象者は、申請により『ひとり親家庭等医療費受給者証』の交付を受けなければなりません。
  • 助成の対象者は、北海道内であれば、病院等(保険医療機関等)の窓口で、医療保険証(他の受給者証もあれば併せて)と受給者証を提示することで、助成が受けられます。
  • 道外で医療を受けた時や補装具等を製作した時、何らかの理由により上記の方法で助成が受けられなかった場合は、役場保健福祉課窓口で、償還払いの手続による助成が受けられます。
  • 高額療養費等(附加給付含む。)が生じた場合、患者負担額はひとり親家庭等医療費として町が助成した後、高額療養費等相当分については、町が被保険者に代わって医療保険の保険者に請求します。

問い合わせ様子のイラスト

お問い合わせ先

保健福祉課 福祉・子育て支援グループ 福祉担当
電話:01655-4-2511(内線122・123)