トップ > くらしの情報 > くらし・環境 > 救急・防災・緊急 > 心肺蘇生法 > 小児の場合

小児の場合

小児の心肺蘇生法(1歳以上8歳未満を小児と言います。)

1.反応を見る

(注)成人の場合と同じ

2.助けを呼ぶ

あなた以外に人がいる場合は、一人が心肺蘇生法を開始する。他の人が119番通報しAEDを持ってきます。
もしあなた一人しかいない場合(協力者が誰もいない場合)には、119番通報やAEDの手配をあとまわしにして、まず2分間の心肺蘇生法を先に行います。その後、119番通報を行い、戻って心肺蘇生法を続けます。

3.気道の確保

4.呼吸の確認

5.人工呼吸

(注)3、4、5いずれも成人の場合と同じ

6.胸骨圧迫

手順は成人と同じです。
圧迫の位置(胸の真ん中;両乳頭を結ぶ線の真ん中)や圧迫のテンポ(1分間に100回の早いテンポ)は、同じです。
圧迫の強さ(深さ)は子どもでは体格が違うので、胸の厚みの3分の1を目安として、十分に沈み込む程度に、強く、早く、絶え間なく圧迫します。体格によって片手でもよろしいです。

胸骨圧迫イラスト

7.心肺蘇生法の実施

(注)成人の場合と同じ 胸骨30回と人工呼吸2回の組み合わせを継続

8~11.AEDの使用

小児も成人と同じくAEDを使用できます。(乳児は不可(1歳以下))手順も、成人に対する場合と同じです。
ただし、AEDに小児用パッドが備わっている場合には、それを用います。
(注)小児用パッドがない場合には成人用パッドを代用して用します。
パッドを貼る位置は、パッドに表示されている絵にしたがいます。

12.AEDの手順と心肺蘇生法の繰り返し

心肺蘇生法を再開して2分(胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせを5サイクルほど)経ったら、AEDは自動的に心電図の解析を再び行います。音声メッセージにしたがって、傷病者から手を離し、周りの人も傷病者から離れます。

以後は、9.心電図の解析、10.電気ショック、11.心肺蘇生法の再開の手順を、2分間おきに繰り返します。

お問い合わせ先

消防署
電話:01655-4-2119