トップ > くらしの情報 > くらし・環境 > 救急・防災・緊急 > 気道異物の除去

気道異物の除去

口や喉などに異物が詰まっている場合に、異物を取り除く方法

1 傷病者に反応がある場合

 傷病者に「喉が詰まったの?」と聞き、声が出せないようであれば窒息と判断し、直ちに行動しなければなりません。

 119番通報を誰かに頼むとともに、直ちに以下の2つの方法で試みます。

 

 腹部突き上げ法

 傷病者を後ろから抱えるように、腕を回します。
片手で握りこぶしを作り、その親指側を傷病者のへそより上、みぞおちの十分下方に当てます。
その手をもう一方の手で包むように握り、素早く手前上方に向かって圧迫するように突き上げます。

 

 背部叩打法

 背中を叩きやすいように傷病者の横に回ります。
手の付け根で肩甲骨の間を力強く、何度も連続で叩きます。

 

 

注意点

  • 妊婦や乳児に対しては、背部叩打法のみを行います。
  • 横になっている傷病者が自力で起き上がれない場合は、背部叩打法を行います。
  • 二つの方法が実施可能な状況で、どちらか一方を行っても効果のない場合は、もう一方を試みます。
  • 腹部突き上げ法を行った場合は腹部の内蔵を痛めている可能性があるので、実施したことを救急隊に伝えて下さい。
    また、異物が取れた場合も、医師の診察を受けて下さい。

 

2 傷病者の反応がない場合

反応がない場合や、徐々にぐったりし反応がなくなった場合には、直ちに心肺蘇生を開始します。

お問い合わせ先

消防署
電話:01655-4-2119