トップ > 観光情報 > お知らせ > 2011年度 > 過疎地域自立活性化優良事例表彰総務大臣賞受賞

過疎地域自立活性化優良事例表彰総務大臣賞受賞

しもかわアイスキャンドルミュージアム実行委員会が、過疎地域自立活性化優良事例表彰総務大臣賞受賞を受賞しました!

アイスキャンドル写真アイスキャンドル写真

表彰の様子写真

10月31日から11月2日まで徳島県徳島市等で開催された「全国過疎問題シンポジウム2005インとくしま」において、平成17年度過疎地域自立活性化優良事例表彰式が行われ、しもかわアイスキャンドルミュージアム実行委員会が総務大臣賞を受賞しました。平成17年度の表彰団体は、全国から総務大臣賞5団体、全国過疎地域自立促進連盟会長賞4団体の計9団体で北海道からは、唯一しもかわアイスキャンドルミュージアム実行委員会の1団体のみの受賞です。11月1日に徳島県郷土文化会館で行われた表彰式には、しもかわアイスキャンドルミュージアム実行委員会から谷一之実行委員長が出席し、約700人の参加者が見守る中、竹中総務大臣代理の総務省清水総務審議官から表彰状並びに副賞が授与されました。

表彰状写真

この表彰は、地域の自立と風格の醸成を目指し、過疎地域においてこれらの課題に取り組み、創意工夫により活性化が図られている優良事例について表彰を行うもので、今回の受賞は「雪は邪魔者、冬は寒くて辛いもの」というマイナスイメージを逆手に取り、「しばれを楽しむ冬の風物詩」「アイスキャンドル発祥の地」として知られるまでになり、地域住民の想いが、町全体が一体となった取り組みにつながっており、「小さな町でもやればできる」という機運が地域全体に広がった事例で、20年間継続して取り組んでいることが高く評価され表彰されたものです。

アイスキャンドル写真

11月1日に行われたシンポジウム参加者220名出席による交流会が盛大に開催されました。交流会では、地元徳島県の郷土芸能(人形浄瑠璃、阿波踊り)の紹介と合わせて下川町から持ち込んだアイスキャンドルを30個を会場に飾り、全国各地から集まった参加者に楽しんでいただきました。
人形浄瑠璃の紹介の後、司会者からアイスキャンドルが紹介され、会場に飾られたアイスキャンドルを見た参加者からは、「はじめて見たが、とてもきれい」「どうやって作るの?」「ぜひ、行ってみたい」などの声が寄せられたいへん好評でした。

谷実行委員長写真

11月2日には、徳島市内等で4つ分科会に分かれ、そのうち2つの分科会で受賞団体による事例発表が行われました。
第2分科会では、しもかわアイスキャンドルミュージアムの概要について、谷実行委員長がアイスキャンドルの誕生からこれまでに至る経過について事例発表を行いました。それぞれの受賞団体の事例発表の後、表彰委員会委員長でもある早稲田大学宮口教授をコーディネーターとして、5つの優良事例発表団体と参加者による地域の活性化等に関する活発な意見交換が行われました。

この受賞は、町民皆さんの20年に及ぶ努力と情熱の結晶です。

ありがとうございました。

お問い合わせ先

総務課 企画財政グループ 企画担当
電話:01655-4-2511(内線224・225)

お知らせ