トップ > 観光情報 > 「ふるさと2000年の森」と「2000年の森展望台」

「ふるさと2000年の森」と「2000年の森展望台」

ふるさと2000年の森とは

ふるさと2000年の森写真

下川町では、ふるさと運動の第3弾として昭和57年と59年の2度にわたり「ふるさと2000年の森会員」の募集をしました。これは、都市住民の方に山林を持ち育てる喜び、自然に親しみ森林に投資する楽しみ等を味わっていただきながら、同時に、都市と山村の交流を図ることを目的としたものでした。

2000年の森展望台

昭和57年に「ふるさと2000年の森会員」の募集が行われた際、会員となった小川裕子さんの発案により、翌年、2000年の森が一望できる場所に「2000年の森展望台」が建てられました。
この展望台は、2000年の森にちなんで高さが2000センチメートルあり、建設当時一番上に上がると2000年の森を一望することができましたが、現在ではカラマツも大きくなり、木の先端と大体同じ高さの目線となり、あたり一帯の森林の、四季折々の美しい風景が楽しめます。

2000年の森展望台

2000年の森展望台

展望台からの景色写真

展望台から周りの木を見てみると・・・

展望台から見る市街地写真

展望台から市街地が見えます

周囲の山々の紅葉写真

周囲の山々の紅葉もよく見えます

10月中旬から下旬にかけての風景です

お問い合わせ先

環境未来都市推進課 環境未来都市推進グループ 商工観光担当
電話:01655-4-2511(内線235・237)