トップ > 各課のページ > 森林総合産業推進課 > 低炭素杯2015で下川町が環境大臣賞グランプリを受賞いたしました

低炭素杯2015で下川町が環境大臣賞グランプリを受賞いたしました

地域・学生・企業などによるCO2削減活動等の取組を表彰する「低炭素杯2015」の全国大会が2月13~14日に東京ビックサイトで開かれ、最優秀賞である「環境大臣賞グランプリ」に、下川町の「誰もが暮らしたいまち、誰もが活力あるまち」が選ばれました。

低炭素杯とは、地域性や団体の特性に応じた個性的な温暖化防止の取組や事業を毎年公募し表彰するもので、発表や団体同士の交流を通じてつながりを深め、地域の取組を全国に展開することを目的としています。

今年度は全国から約1700団体の応募がありました。そのうち、書類選考を経て選ばれた39団体が最終選考者として発表を行いました。

先人が築いてきた取組を基盤として、さらに発展・進化させることによって、転出者数よりも転入者数が上回り、人口減少に歯止めがかかりつつあり、こうした取組に対して、「低炭素だけの取組ではなくCO2削減を通じて、地域の中で経済が循環し雇用が生まれるなど、将来にわたって継続していける持続可能な取組みである」と評価されました。

 

teitanso

お問い合わせ先

お知らせ