トップ > 各課のページ > 環境未来都市推進課 > 下川町宿泊研修交流施設の愛称が決まりました!

下川町宿泊研修交流施設の愛称が決まりました!

本年11月に開設を予定している「宿泊研修交流施設」は、旧駅前通り周辺区域を「地域コミュニティ再生エリア」として位置づけ、市街地における課題等を解決しながら、新たな人の動きを創り出し、集約化と地域商業・コミュニティ再生を目的に平成24年度から「地域商業再生事業」として取り組んで参りました。

こうした中、町民と都市住民等との地域資源を活用した交流の促進し、滞在型交流人口の増加を図るとともに、地域活性化に資するための拠点となる施設として位置づけ、「宿泊研修交流施設」の整備を進めているところであります。

このたび、本施設が誰からも愛され親しまれるものとなるよう愛称を募集しましたところ、全国から76件に及ぶ応募をいただきましてありがとうございました。

一次選考は、本施設の整備にあたりご意見をいただいた環境未来都市推進町民会議委員による選考を経て、町の最終選考で次の愛称に决定しました。

 

愛称の概要

愛称

「結いの森」(ゆいのもり)

愛称の意味、考えた理由

 豊かな森林の下川で、人と人を結ぶ施設になることを願って

採用者(応募者) 

 矢吹 美智子 様

 栃木県那須塩原市在住

 

愛称の使用方法

 決定しました愛称「結いの森」については、宿泊研修交流施設の愛称とし、施設の広報、PR活動の中で広く活用していくことで、愛称の定着を図ります。

お問い合わせ先

環境未来都市推進課 環境未来都市推進グループ 商工観光担当
電話:01655-4-2511(内線235・237)

お知らせ