トップ > くらしの情報 > 手続き・相談 > 税金 > 国民健康保険税

国民健康保険税

国民健康保険税は、国民健康保険に加入している方に課税されます。

税額

詳細
区分 内容 医療分 後期高齢者
支援金分
介護分
所得割 加入者の所得から33万円を控除した額×右欄 6.90パーセント 2.90パーセント 0.64パーセント
資産割 固定資産税額×右欄 60パーセント 25パーセント 6.20パーセント
均等割 被保険者1人あたり 24,700円 4,300円 5,400円
平等割 1世帯あたり(特定世帯以外) 25,500円 4,500円 4,800円
1世帯あたり(特定世帯) 12,750円 2,250円
1世帯あたり(特定継続世帯) 19,125円 3,375円
限度額 610,000円 190,000円 160,000円

(注)上記の合計額が国民健康保険税額となります。医療分と後期高齢者支援金分は、被保険者全員が対象となり、そのうち40歳以上64歳未満の方については、介護分も合わせて納めていただきます。

(注)特定世帯とは、国民健康保険から後期高齢者医療制度への移行者がいて、被保険者が1人となる世帯です。

(注)特定継続世帯とは、特定世帯取得6年目から3年間、被保険者が1人となる世帯です。

税額の軽減

国民健康保険税は、前年の所得により税額の軽減が受けられます。

【軽減される税額】
軽減割合 軽減世帯区分 軽減額
7割 所得が33万円以下の世帯 被保険者
1人につき
20,300円
40歳~64歳24,080円
1世帯につき 21,000円
40歳~64歳24,360円
5割 所得が33万円を超え、33万円と被保険者および国保から移行した後期高齢者(納税義務者を除く)1人につき28万円を加算した額以下の世帯 被保険者
1人につき
14,500円
40歳~64歳17,200円
1世帯につき 15,000円
40歳~64歳17,400円
2割 所得が33万円を超え、33万円と被保険者および国保から移行した後期高齢者1人につき51万円を加算した額以下の世帯 被保険者
1人につき
5,800円
40歳~64歳6,880円
1世帯につき 6,000円
40歳~64歳6,960円

(注)特定世帯の1世帯あたりの軽減額は、上記の各上段に記載した金額の半額となります。

(注)特定継続世帯の1世帯あたりの軽減額は、上記の各上段に記載した金額の4分の3の額となります。

後期高齢者医療制度の創設に伴う国民健康保険税の軽減

平成20年4月以降、75歳以上の方は、後期高齢者医療制度に移行し、新制度の保険料を納めることになっています。それにともなって、国民健康保険に加入する方の保険税負担が急に増えることがないように、保険税については、次のように軽減されます。

  1. 保険税の軽減を受けている世帯は、世帯構成や収入が変わらなければ今までと同じ軽減を受けることが出来ます。
  2. 国民健康保険の被保険者が1人となる場合には、平等割が最初の5年間は2分の1減額、その後3年間は4分の1が減額になります。
  3. 75歳以上の方が会社の健康保険などから後期高齢者医療制度に移行することにより、その被扶養者の方(65歳~74歳)が新たに国民健康保険に加入する場合、申請により軽減が受けられます。

納税方法

特別徴収

平成20年10月から世帯内の国民健康保険被保険者全員が65歳以上75歳未満の世帯の保険税は、世帯主の年金から差し引いて納めることになります。ただし、次のいずれかに該当する方は、普通徴収となります。

  1. 年金が年額18万円未満の方
  2. 介護保険料と国民健康保険税を合わせた金額が年金額の2分の1を超える方
  3. 当該年度に75歳になる方

普通徴収

特別徴収以外の方は、毎年8月、町から納税通知書を送付します。8月、10月、12月、翌年2月の年4回で納付していただきます。

お問い合わせ先

税務住民課 税務・収納グループ 税務・収納担当
電話:01655-4-2511(内線113・114・115)